「アイコンタクト」とは?意味や使い方を解説!

「アイコンタクト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アイコンタクト」について解説します。

目次

  1. アイコンタクト
  2. アイコンタクトの意味とは
  3. アイコンタクトを使った文章・例文

アイコンタクト

アイコンタクト」という言葉について解説します。

みなさんも日常的に、様々な場面でアイコンタクトをしつつ生活を送っていると思いますし、普段の会話の中でも「アイコンタクト」という言葉はよく使っていると思います。

それくらい一般化しているカタカナ語の「アイコンタクト」。

意味や使い方はご存知かもしれませんが、ここでこの言葉について改めて整理してみるのはいかがでしょうか。

ぜひ最後までご覧になってみてください。

アイコンタクトの意味とは

アイコンタクトとは
 

  1. 相手の目を見たり、視線を交わすこと。相手の目を見ることによって意思や態度を伝達しようとすること。
  2. サッカーなどのスポーツで、視線を合わせることで行う選手同士の意思表示

という意味の言葉となります。

アイコンタクトは、お互いの目を見て行うコミュニケーションなので、人や動物の基本的なコミュニケーションと言われており、言葉を使わない非言語コミュニケーションの基本とも言われています。

日本語でいうところの「目配せ」に近いですが、アイコンタクトは目を見てすること全般と意味の範囲が大きいですが、目配せは目つきで指図するという意味もあるので、アイコンタクトよりも狭い意味になるかもしれません。

人間だけでなく哺乳類全般の非言語コミュニケーションの基本と言われているアイコンタクトは、例えば、人間と馬、犬と猫など異種間でも成立するコミュニケーションです。

>

アイコンタクトを使った文章・例文

  • 怒る部長を誰がなだめるのか、社員の間でアイコンタクトが盛んに行われる
  • ずっと同じチームでやっていると、次に何をすればいいのかアイコンタクトで分かる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ