「パートタイマー」とは?意味や使い方を解説!

「パートタイマー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「パートタイマー」について解説します。

目次

  1. パートタイマー
  2. パートタイマーの意味とは
  3. パートタイマーを使った文章・例文

パートタイマー

パートタイマー」という言葉について解説します。

会話の中ではパートタイマーというよりも「子育てしながらパートもしてるよ」なんて略して使うことが多いかもしれませんが、

日常でもよく見聞きし、生活に直結しているとても身近な言葉だと思います。

みなさんの中には自分自身がパートタイマーだという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな「パートタイマー」という言葉ですが、アルバイト、社員といった働き方の一つという認識はあっても、言葉の意味というのはあまり深く考えたことはないかもしれません。

そこで、ここでは「パートタイマー」という言葉について意味を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧になって整理してみてください。

パートタイマーの意味とは

パートタイマーとは「その会社の一般労働者に比べて短い時間の勤務をする労働者」という意味の言葉となります。

パートタイムは短時間労働という意味なので、~な者という意味の「er」がついてパートタイマーとなり、パートタイム⇔フルタイムという関係になります。

一般的には、固定給ではなく時給や日給で、短い時間働く非正規の従業員がパートタイマーと言われています。

ちなみに、アルバイトとパートタイマーの違いは、アルバイトは学生を主にした短~中期で働く人で社員とは違う仕事をする場合が多く、パートタイマーは既婚女性を主にした中~長期で働く人で中には社員と同じ仕事をする人もいるといった違いがあります。

>

パートタイマーのメリットデメリット

パートタイマーのメリットとデメリットは一般的に下記のように言われています。

<メリット>

  • 働く時間の融通が利きやすく、自分の都合に合わせられる
  • 未経験などでも始められることが多く、始めやすい
<デメリット>
  • 非正規雇用の従業員なので、給与が固定給ではないので休むと収入がなくなる
  • もらえる手当が薄い、またはない

パートタイマーを使った文章・例文

  • パートタイマーは1962年頃から既婚婦人の間で増えた働き方だ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ