「フィクサー」とは?意味や使い方を解説!

「フィクサー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「フィクサー」について解説します。

目次

  1. フィクサー
  2. フィクサーの意味とは
  3. フィクサーを使った文章・例文

フィクサー

フィクサー」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「フィクサー」という言葉は、悪い意味で使用される場合が多いです。

主に「社会組織の意思決定の場において、大きな資金や権力を持つ者。」といった意味を持ちます。

また「陰で暗躍し、事件の調停やもみ消しをして報酬を得る人物。」という意味もあります。

使い方としては「政財界のフィクサー。」や「フィクサーによって事件が迷宮入りする。」といった表現が一般的です。

今回は、そんな「フィクサー」について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう

フィクサーの意味とは

>

フィクサーとは「行政組織や政府、企業などにおいて、意思決定の過程で介入する資金や人脈、政治力などを持つ者。権力者。」という意味になります。

通常、社会的な組織では関係者や団体、世論などの意向を汲んでから正規の手続きをもって意思決定するシステムが確立されています。

例を挙げると、企業の経営会議や行政への陳情などです。

この大事な意思決定の場で大きな権力を持つ者をフィクサーといいます。

フィクサーの働きかけが大きくなると公正な意思決定にならず、恣意的な結果になる場合があります。

そのため、フィクサーは悪い意味で使用されることが多いのです。

また「陰で暗躍し、事件の調停やもみ消しをして報酬を得る人物。」といった意味も持ちます。

フィクサーを使った文章・例文

  1. 今回の事件では何もしていない人間が犯人に仕立てあげられてしまったが、その背景にはフィクサーの存在があるようだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ