「プログレッシブ」とは?意味や使い方を解説!

「プログレッシブ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「プログレッシブ」について解説します。

目次

  1. プログレッシブ
  2. プログレッシブの意味とは
  3. プログレッシブを使った文章・例文

プログレッシブ

「プログレッシブ」という言葉をご存知でしょうか?

あまり耳馴染みのない言葉ですが、IT用語として聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
また、音楽のジャンルにも、この言葉を使うものがありますし、実は様々な場面で使われる言葉なのです。

では、いったいどういう意味なのでしょうか?
今回は「プログレッシブ」について解説します。

プログレッシブの意味とは

>

「プログレッシブ」とは、英語で「progressive・進歩的な、先進的な、革新的な、進歩主義の」という意味の外来語です。

革新的・進歩的な考えや思考を表し、政治的には、現在の社会的な矛盾や不合理を改善していき、よりよい未来を目指していく思想を進歩主義(プログレッシビズム/progressivism)といいます。

また、プログレッシブ・エデュケーション(【英】progressive education)という言葉があり、この言葉は、教育においての進歩主義と呼ばれるものです。
19世紀末にアメリカ合衆国より起こった教育改革運動のことを指します。

IT用語としては、テレビやディスプレイ、デジタルカメラなどの画像を表示するときに、すべての走査線を順番に読み取って、一度で全面を処理する表示方式をプログレッシブ方式、またはノンインターレース方式といいます。

音楽ジャンルでは、プログレッシブ・ロックやプログレッシブ・メタルなどがあります。

プログレッシブの対義語

プログレッシブ(進歩的な)の対義語は「コンサバティブ」です。コンサバティブ(conservative)とは、「(政治的に)保守的な、保守主義の、伝統的な、控えめな」という意味の英語です。コンサバとも略されます。

プログレッシブを使った文章・例文

1.これからの時代は、プログレッシブな思考がカギを握るだろう。
2.プログレッシブ・ロックは、1960年代のイギリスで誕生した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ