「認識」とは?意味や使い方を解説します!

「認識」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「認識」について解説します。

目次

  1. 認識
  2. 認識の意味とは
  3. 認識の使い方・例文

認識

認識」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「にんしき」となります。

この「認識」という言葉は、一般的に広く使用されるため耳馴染みのある方がほとんどではないでしょうか。

よく「彼は仕事に対する認識が甘い。」や「認識を深める」「パソコンがUSBを認識する。」といった使い方をします。

意味が複数あるため、使い分けには気を付けたいところです。

今回は、そんな「認識」について詳しく解説します。

この機会に深く理解していきましょう。

認識の意味とは

認識という言葉の意味は大きく分けて3つあります。

読み方は「にんしき」となります。

まず、1つ目の意味は「その本質や意義などを理解すること。また、そういう心の動き。」となります。

使い方としては「彼は仕事に対しする認識が甘い。」や「対象をきちんと認識する。」といった表現が一般的です。

次に、2つ目の意味は「哲学において、意欲や情緒とともに意識の根本的な働きの一種。事柄や事柄のなにであるかを知ること。知られた内容。」となります。

そして、3つ目の意味は「コンピュータが外部から入ってきたデータを判別し、その性質を理解すること。」となります。

よく、パソコンにUSBを差し込ん際に、コンピュータ上にUSBの情報が正しく反映されたときに「パソコンがUSBを認識した。」といった使い方をします。

>

認識の使い方・例文

  1. 彼女は、配属されたばかりの部署で上司から仕事に対する認識が甘いと注意され、1人で泣いていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ