「ブルー・オーシャン」とは?意味や使い方を解説!

「ブルー・オーシャン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ブルー・オーシャン」について解説します。

目次

  1. ブルー・オーシャン
  2. ブルー・オーシャンの意味とは
  3. ブルー・オーシャンを使った文章・例文

ブルー・オーシャン

ブルー・オーシャン」という言葉があります。

太陽の光によって海中の魚が見えるほど美しい海を指して用いられますが、ここでは()にて用いられている「ブルー・オーシャン」について
ビジネスシーンで役立つ言葉のため、この機会に是非覚えておきましょう。

ここではそんな「ブルー・オーシャン」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

ブルー・オーシャンの意味とは

>

ブルー・オーシャンとは、「競合相手のいない未開拓市場」という意味になります。

既存の市場にはない全く新しい商品やサービスを作り出すことで生まれる、競争相手のいない新規市場のことを指します。

欧州経営大学院の教授、レネ・モボルニュとW・チャン・キムの共同著書内に登場する「ブルー・オーシャン戦略」から来ており、同著書では、企業は新規市場を開拓するブルー・オーシャン戦略を取れるかどうかが事業を成功させる鍵としています。

また、ブルー・オーシャンとは反対に、車や服といった競争相手が多い既存の市場を意味する「レッド・オーシャン」という言葉も存在します。

ブルー・オーシャンを使った文章・例文

  1. 妻のささいな言葉から、成功間違いなしのブルー・オーシャンを見つけることができた。
  2. 他企業の後追いしかせず、未開拓市場を探そうともしないうちの社長は、ブルー・オーシャン戦略の重要性をまったく理解できていない。
  3. つい最近までブルー・オーシャンだったはずなのに、幾多の競合も参入したことで、すっかりとレッド・オーシャンとなってしまっていた。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ