「クロスチェック」とは?意味や使い方を解説します!

「クロスチェック」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「クロスチェック」について解説します。

目次

  1. クロスチェック
  2. クロスチェックの意味とは
  3. クロスチェックの使い方・例文

クロスチェック

皆さんは「クロスチェック」という言葉をご存知でしょうか。

大事なことを間違いが無いか確認する方法の一つです。
意味を理解しておけば、仕事などの場面で役に立ちます。

今回は「クロスチェック」という言葉について詳しく解説します。

クロスチェックの意味とは

>

クロスチェックとは「やり方を変えて複数回チェックすること」という意味です。

物事の確認をする際に、一回だけのチェックだと見落としをする可能性があります。
そのために複数回チェックするのですが、そのチェックの方法をそれぞれ別のものにするのが「クロスチェック」です。

たとえば商品の在庫確認をする場合、データ上の数字を計算して在庫数を出す方法と、実際に手作業で個数を数えて在庫数を出す方法の二つともを行うという確認方法を取るのが「クロスチェック」です。

似た言葉に「ダブルチェック」があります。
こちらは「チェックを二回、それぞれ別の人が行う」という意味の言葉です。
「ダブルチェック」を行う理由は、一人の視点では気づかないことも他の人が確認すれば気づけることが多いからです。
「ダブル」なのでチェックは二回、三回の場合は「トリプルチェック」と言います。もちろん三回ともそれぞれ別の人が行うことを意味しています。

一方、「クロスチェック」には回数を指定する意味はありません。ただしこちらも、全てのチェックを別の方法で行う必要があります。

クロスチェックの使い方・例文

  1. 事業処理の中でも特に重要な項目について、クロスチェックが導入された。
  2. クロスチェックによって、深刻なミスが発生するのを防ぐことができた。

新着一覧

最近公開されたまとめ