「ナレッジ」とは?意味や使い方を解説します!

「ナレッジ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ナレッジ」について解説します。

目次

  1. ナレッジ
  2. ナレッジの意味とは
  3. ナレッジの使い方・例文

ナレッジ

皆さんは「ナレッジ」という言葉をご存知でしょうか。

英語の「knowledge」をカタカナ読みした言葉で、ビジネスシーンで見かけることが多い言葉です。
この「ナレッジ」をうまく使いこなすことが、企業を発展させる秘訣と言われています。

今回は「ナレッジ」という言葉について詳しく解説します。

ナレッジの意味とは

>

ナレッジとは「知識。知恵。」という意味です。
英語の「knowledge」に由来する言葉です。

ビジネス用語においては「企業にとっての有益な情報、付加価値のある経験や知識」という意味になります。

ナレッジを蓄積し体系化したデータベースを「ナレッジベース」といいます。
「ナレッジベース」を指して「ナレッジ」と言うこともあり、ナレッジでの情報共有を行うことによって業務をスムーズに行うことが可能になります。
ナレッジでの業務効率化を図ることを「ナレッジマネジメント」といいます。

他にも、知識を活用して成果を出すことができる人材のことを「ナレッジワーカー」というなど、さまざまな用例があります。

似た意味の言葉に「ノウハウ」があります。
こちらは「know-how」のカタカナ読みで、和製英語ではなく実際に存在する英語です。
意味は「手続き的知識」であり、体験によって編み出された「物事に関する知識」「専門知識」などを意味します。
「ナレッジ」という言葉が指すものの一部です。

ナレッジの使い方・例文

  1. ナレッジを効率的に活用すれば、業務の効率化やさらなる発展を期待することができる。
  2. 情報の一元化のため、ナレッジベースの導入を検討している。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ