「ダブルチェック」とは?意味や使い方を解説します!

「ダブルチェック」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ダブルチェック」について解説します。

目次

  1. ダブルチェック
  2. ダブルチェックの意味とは
  3. ダブルチェックの使い方・例文

ダブルチェック

皆さんは「ダブルチェック」という言葉をご存知でしょうか。

「二重確認」ともいう通り二回確認するという意味なのですが、もう一つ重要な条件があるのです。

今回は「ダブルチェック」という言葉について詳しく解説します。

 

ダブルチェックの意味とは

>

ダブルチェックとは「ある項目を確認するのに、人を変えて二回チェックすること」という意味です。
「二重確認」ともいいます。

重要な事項を確認するのに、一人のチェックだけでは見落としも生まれてしまいます。
しかし別の人の手によってもう一度チェックすることによって、最初の確認だけでは気づけなかったミスも拾い上げることができる可能性が上がります。
これが「ダブルチェック」を行う意図です。
それでも不十分なほどの重要事項にはさらに別の人による確認「トリプルチェック」を行うこともあります。

似た言葉として、複数回の確認ごとに方法を変えてチェックする「クロスチェック」があります。
「クロスチェック」の利点は、一つの項目を多角的な視点から確認することができるという点です。
一つのチェック方法からだけでは分からなかったミスが見えてくることで、問題解決に近づくことができるのです。

「ダブルチェック」と「クロスチェック」は独立した考え方ではなく、組み合わせて利用されることもあります。
まず一人の人が確認作業をし、次に別の人が最初の人とは別の方法で確認作業をするという手法で、強固なチェック体制を構築することもあるのです。

ダブルチェックの使い方・例文

  1. 在庫管理のミスを防ぐため、ダブルチェックを導入した。
  2. 上司に企画書を提出したが、いくつかの誤字脱字がダブルチェックをすり抜けていたことを指摘された。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ