「進取の気性」とは?意味や使い方を解説!

「進取の気性」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「進取の気性」について解説します。

目次

  1. 進取の気性
  2. 進取の気性の意味とは
  3. 進取の気性を使った文章・例文

進取の気性

進取の気性」という言葉の意味や使い方について解説します。

この進取の気性という言葉は、難しい言い回しであるため耳馴染みのない方も多いかもしれません。

従来の慣習にとらわれることなく、積極的に新しい物事へ取り組もうとする気質や性格を指す言い回しのことをいいます。

また、この「進取の気性」という言葉は「進取の気象」とも書きます。

今回は、そんな難しい言い回しである「進取の気性」について詳しく解説します。

この機会に、しっかりと理解していきましょう。

 

進取の気性の意味とは

進取の気性とは「従来の慣習にとらわれることなく、積極的に新しい物事へ取り組もうとする気質や性格を指す言い回し。」という意味を持つ言葉です。

この「進取の気性」という言葉を分けて解説します。

まず「進取」とは「自分から進んで物事に取り組むこと。」という意味を持つ言葉です。

そして「気性」という言葉は「生まれつきの性質。気立て。気質。気象。性質がしっかりしているさま。」という意味を持ちます。

よく、性格が荒っぽい人などのことを「気性が荒い」や「気性が激しい」と言ったりします。

また、この「進取の気性」の気性の文字は「気象」と書きます。

この場合の「気象」も気性と同じ意味で使用します。

>

進取の気性を使った文章・例文

  1. テレビにも出演していて今話題のベンチャー企業の社長は、進取の気性を持っている。
  2. 進取の気性を持っている彼は、周りの人々が目を見張るほど斬新なアイデアを提案する。
  3. 私はよく進取の気性を持っていると言われる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ