「令月」とは?意味を解説します!

「令月」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「令月」について解説します。

目次

  1. 令月
  2. 令月の意味とは
  3. 令月の使い方・例文

令月

皆さんは「令月」という言葉をご存知でしょうか。

年号が平成から「令和」に代わった今、その由来を知っておくことは日本人としての教養の一つだと言えるでしょう。
そこに関係する言葉が「令月」です。

今回は「令月」という言葉について詳しく解説します。

令月の意味とは

>

令月とは「何をするにも良い月。めでたい月。」「陰暦2月の異名」という意味です。
読み方は「れいげつ」です。

「嘉辰令月(かしんれいげつ)」という言葉にも使われています。
「嘉」は「良い」、「辰」は「日」なので、「嘉辰令月」で「めでたい月日」という意味です。

「令月」は現在の元号「令和」の語源である万葉集の一説「初春の令月にして、気淑く風和ぎ」に出てくる言葉です。
この一説は、初春の正月に行われた宴で詠まれた梅の花にまつわる32首について説明した序文です。
めでたい時期で天気もいい日に梅見をしながら皆が詠んだ歌ですよ、という説明に使われた言葉が「令月」であり、ここから「令和」という元号が生まれました。

「令月」という言葉の使い方は、良いことがあった時に「めでたい時期だ」という意味で使ったり、旧暦2月頃に起こることを「良い時期のことだからめでたい」などと言ったりするものです。
教養を込めた言い回しをしたいときや、元号の由来に絡めて知的な会話がしたいときなどに使えるかもしれませんね。

令月の使い方・例文

  1. 友人が梅の時期に結婚式を挙げると聞いて、令月でなによりと祝福した。
  2. 年末年始は忙しいとはいえ、一番の稼ぎ時という令月でもある。皆で力を合わせて乗り切ろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ