「産業革命」とは?意味や使い方を解説!

「産業革命」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「産業革命」について解説します。

目次

  1. 産業革命
  2. 産業革命の意味とは
  3. 産業革命を使った文章・例文

産業革命

産業革命」という言葉の意味や使い方について解説します。

この産業革命という言葉は、世界史などで学ぶため耳馴染みのある方が多いかもしれません。

しかし、言葉自体を聞いたことはあってもその具体的な内容まではうろ覚えという方もいるのではないでしょうか。

産業革命は、18世紀から19世紀にかけて起きた産業の変革のことで、綿織物生産過程の技術革新や蒸気機関車の開発による動力源の刷新などが主な変革です。

また、この産業革命は「工業革命」と言われることもあります。

この機会に「産業革命」について深く知っていきましょう。

産業革命の意味とは

産業革命とは「18世紀から19世紀にかけてイギリスから始まった一連の産業の変革。また、それに伴う社会構造の変革を指す言葉。」という意味を持ちます。

読み方は「さんぎょうかくめい」です。

この産業革命において、特に重要とされる変革は綿織物の生産過程におけるさまざまな技術革新や、製鉄業の成長などが挙げられます。

そして、最も革新的なのが蒸気機関の開発による動力源の刷新です。

この「産業革命」という言葉は、もともと共産主義者の用語であり、カール・マルクスやフリードリヒ・エンゲルなどの文献にも登場します。

また、産業革命は、工業化と捉える見方も存在し「工業革命」と言われることもあります。

イギリスにおいては、社会変化に加えてはじめの工業化であることや、世界史的意義があることなどを踏まえて、大きく「産業革命」という言葉が使われます。

>

産業革命を使った文章・例文

  1. 産業革命において最も革新的だったのが、蒸気機関車の開発による動力源の刷新だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ