「過大評価」とは?意味や使い方を解説!

「過大評価」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「過大評価」について解説します。

目次

  1. 過大評価
  2. 過大評価の意味とは
  3. 過大評価を使った文章・例文

過大評価

過大評価」という言葉について解説します。

「あまり演技も上手くないのに、あの女優は過大評価されている」といった感じで使われるこの「過大評価」という言葉。

みなさんも一度は見聞きしたことがあると思います。

意味もなんとなく漢字から想像がつきそうですが、ここで整理し直してみるのはいかがでしょうか。

ここでは過大評価という言葉について、きちんとした意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと把握してみてください。

過大評価の意味とは

過大評価とは「物事の価値を適正の価値以上に大きく見積もること」という意味の言葉となっています。

先ほど出た「あの女優は過大評価されている」といった場合は、適正の価値以上に見積もるということで「あの女優は実際の実力よりも評価されている」という意味になることが分かると思います。

この過大評価という言葉は意味からも分かるように否定的なニュアンスを含んだ言葉です。

実際に使う際はTPOなどをわきまえて使うようにしないと、誤解やトラブルの元となってしまいかねないので注意するようにしてください。

ちなみに、過大評価の反対語は「過小評価」です。

意味は「物事の価値を実際よりも低く評価する、見積もること」となります。

「課長は社長から過小評価されている」=「課長は社長から実際よりも低く見積もられている」となりますので、こちらは過大評価とは逆に肯定的なニュアンスを含んで使われることが多いようです。

>

過大評価を使った文章・例文

  • 安全性については、人命に関わることなので過大評価だけは避けないとならない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ