「対照」とは?意味や使い方を解説!

「対照」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「対照」について解説します。

目次

  1. 対照
  2. 対照の意味とは
  3. 対照を使った文章・例文

対照

対照」という言葉について解説します。

原文と訳文を対照する、対照的な二人、といった感じで使われるこの対照という言葉。

みなさんも日常で見聞きすると思います。

読み方は「たいしょう」ですが、対象、対称など同じ読みを持つ言葉が他にもあるので少し紛らわしいですが、今回は「対照」についてです。

比較的、日常会話などでも使う言葉なので、普段は「対照の意味とは?」なんて意識することがあまりないと思います。

何気なく使う言葉だからこそ、ここで一度きちんとした意味を整理してみましょう。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと把握してみてください。

対照の意味とは

対照とは

  • 2つの物事を照らし合わせること。対比。
  • 全く性質の違うものどうしを並べ比べた時に、その違いが際立つこと。また、その取り合わせ。コントラスト。
といった意味を持つ言葉となっています。

ということで、原文と訳文を対照する。といった場合は「照らし合わせる、対比」の意味で、対称的な二人。といった場合は「違いが際立つ、コントラスト」の意味で使われているのが分かると思います。

さきほども言いましたが、「たいしょう」という読みの言葉は他にも多くあるので、漢字と意味をセットで押さえておかないと混乱してしまうので、きちんと整理しましょう。

また、前後の文脈によってもどの「たいしょう」なのか判断することもあるので、この点も注意してみてください。

 

>

対照を使った文章・例文

  • どう見たって美女と野獣、なぜこんなに対照的な二人が結婚したのか不思議で仕方がない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ