「精査」とは?意味や使い方を解説!

「精査」という言葉は日常会話でもよく登場しますよね。この記事では「精査」という言葉の意味や例文を解説していきます。また、類語もあわせて解説します。

目次

  1. 精査
  2. 精査の意味とは
  3. 精査の使い方・例文

精査

「ご精査願います」「文書を精査する」など、ビジネスシーンでは特に頻繁に「精査」という言葉が使用されています。

この記事では、少し難しそうな言葉「精査」の読みや意味などくわしく解説していきます。

精査の意味とは

精査の意味は「詳しく調べること」です。

より細かく分類すると、「正しいかチェックをすること」「判断をするために調べること」の2つになります。精査の読み方は「せいさ」です。
精査の精は「くわしい」という意味を持っています。また、精査の査は「調べる」という意味を持っていますので、精査という言葉の意味も推測しやすくなりますね。

精査を英語に訳す場合はどうなるのでしょうか。精査を直接的に意味する単語は存在しないため、scanningやcareful examinationといったやや異なる意味の英語で表されることが多いです。scanning(scan)は入念に調べること、careful examinationは注意深い(careful)調査(examination)です。

ビジネス面では報告書や設計図など、書類に対して使われることが多いようです。「この報告書を精査して」と言われた場合、報告書が正しいかチェックするように依頼されているということになります。

上記のほかに、文章を整える、修正するという意味で精査という言葉を使用する人もいます。しかし、この場合は「校閲」や「添削」がより適切な表現となります。

精査の使い方・例文

  1. 書き上げた設計図を精査する。
  2. ご精査のほど、よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ