「アスペクト」の意味とは?意味や使い方を解説!

「アスペクト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アスペクト」について解説します。

目次

  1. アスペクト
  2. アスペクト(aspect)の意味とは
  3. アスペクトを使った文章・例文

アスペクト

アスペクト」という言葉について解説します。

「アスペクト」というこの言葉。一般的になかなか聞き馴染みのない言葉と言えるかもしれません。

日常の中でなかなか見聞きすることも使うこともないので、初めて見たという方も多いのではないでしょうか。

目にするとしたら「アスペクト比」という使い方が多いような気がしますが、この言葉の意味をしっかり把握している方ももしかしたら多くないと言えそうです。

ここでは、そんな馴染みの薄い「アスペクト」という言葉の意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、整理・理解を深めてみてください。

アスペクト(aspect)の意味とは

アスペクト(英・aspect)とは「外観・様相」「文法で、反復・継続・完了など動詞が表す行為の様相」といった意味を持つ言葉となっています。

先ほど出たアスペクト比は縦横比と訳されますが、正確には「目に見える面(外観・様相)の比率」という意味になります。

英語では「目に見えるもの」という意味全般で使われるようです。

また、占い用語としてもアスペクトは使われていますが、占い用語としては「ホロスコープ上での天体と天体の角度」というような意味で使われているようです。広い意味での「様相」という風に解釈できるかもしれません。

>

アスペクトを使った文章・例文

  • カメラやテレビなどのアスペクト比は理にかなったものになっている。
  • アスペクトを変えずに、大きさだけを変えるようにする。
  • 占星術ではホロスコープのアスペクトが非常に重要視されている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ