「アテンド」の意味とは?意味や使い方を解説!

「アテンド」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アテンド」について解説します。

目次

  1. アテンド
  2. アテンドの意味とは
  3. アテンドを使った文章・例文

アテンド

皆さんは「アテンド」という言葉をご存知でしょうか。

聞く機会の多い言葉なのですが、意味はちゃんと分かっていないという人が少なくありません。
大体の意味さえ知っておけば、用例ごとに細かいニュアンスは想像できます。
この機会にきちんと覚えておきましょう。

アテンドの意味とは

アテンドとは「人の世話をすること、案内をすること」「付き添いをすること」「介護をすること」という意味です。
英語では「attend」と綴ります。

さまざまなビジネスの業界で使われている言葉です。
「同僚の出張にアテンドする」という文章では「同行」、「取引先をアテンドする」とすると「接待」の意味になります。
イベントや旅行などで使われる「アテンド」は「案内係」という意味です。
ウエディングでは花嫁について介添えするスタッフのことを「アテンドスタッフ」といいます。

また、アテンドすることが役割である人のことを「アテンダント」といいます。
有名な用例の一つに、飛行機で乗客の世話をするスタッフを指す言葉「キャビンアテンダント」があります。

大まかに言うと「サポート」「サポーター」と同じような意味だと思ってもらえば問題ありません。

ただ、英語の「attend」は、上記のような「世話」や「接待」「介添え」といった意味とは違います。
「attennd」は「参加する」「出席する」という意味であり、そこから意味を広げたのがカタカナ語の「アテンド」です。
すなわち「アテンド」は和製英語なのです。

>

アテンドを使った文章・例文

  1. 海外出張が決まったので、通訳のアテンドをお願いした。
  2. 取引先の担当者が来社したので、チームみんなでアテンドした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ