「払い戻し」とは?意味や使い方を解説します!

「払い戻し」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「払い戻し」について解説します。

目次

  1. 払い戻し
  2. 払い戻しの意味とは
  3. 払い戻しの使い方・例文

払い戻し

払い戻し」という言葉について解説します。

「チケットの払い戻し」「定期券の払い戻し」といったように使われるこの「払い戻し」という言葉。

新型コロナの影響でよく見聞きするようになった言葉の一つとも言えるのではないでしょうか。

新型コロナの感染拡大防止の観点から相次いでキャンセルになったライブなど催し物のチケット、乗れなくなった航空券、通えなくなった学校までの定期券など、色々なものについて払い戻しという言葉を聞きました。

生活に直結する言葉とも言えるので、みなさんも意味や使い方はご存じかもしれませんが、いま一度ここできちんと把握してみましょう。

ここではそんな「払い戻し」という言葉について詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

払い戻しの意味とは

>

払い戻しとは

  1. 受け取った金銭を清算して余った分を返金すること
  2. 預貯金を預けた人に払い渡すこと
  3. 競輪、競馬などの的中投票券を現金に換えて支払うこと
といった意味の言葉となっています。

ということで、冒頭で紹介したチケット、定期、航空券などの払い戻しの意味は1であることが分かると思います。

2の意味は銀行から引き出すことを銀行側から言った言葉で、3の意味はそのまま的中券を換金するという意味になっています。

実生活でよく使うのはやはり1の意味で使うことがおおいのではないでしょうか。

払い戻しの使い方・例文

  • ライブの開催中止が前日に決まったせいで、会場までの航空券と、現地での宿泊代が全てパァになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ