「エグゼクティブ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「エグゼクティブ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「エグゼクティブ」について解説します。

目次

  1. エグゼクティブ
  2. エグゼクティブの意味とは
  3. エグゼクティブを使った文章・例文

エグゼクティブ

皆さんは「エグゼクティブ(executive)」という言葉をご存知でしょうか。

テレビや映画などを見ていると目にする言葉ではないでしょうか。
今回は「エグゼクティブ」という言葉について詳しく解説します。

エグゼクティブの意味とは

エグゼクティブとは「企業の上級管理職や経営幹部、重役」という意味です。
転じて、「高級な」という意味でもあります。
英語では「executive」と綴ります。

幹部の中でも最上級に近い、経営などに直接携わる重役を指す言葉です。

「エグゼクティブ」を使った言葉で最も認知度が高いのは「エグゼクティブプロデューサー」だと思われます。
テレビ番組や映画などを見ている際に、スタッフクレジットにこの役職が出てくるので、言葉だけなら知っているけれどどういう役職なのかは知らないという方が多いのではないかと思います。
実際の役割としては「プロデューサー」のさらに上の立場であり、経営幹部として主に金銭的な采配を行う管理職です。
「プロデューサー」はそういった予算配分を基に制作を統括し、完成させて納品するまでが役割です。

「エグゼクティブ」という言葉の派生した意味として、「高級な、ぜいたくな」というものも存在します。
「エグゼクティブカー」「エグゼクティブシート」「エグゼクティブな空間」などのように使います。

>

エグゼクティブを使った文章・例文

  1. 新作の映画をリラックスして見たいので、エグゼクティブシートで見ることにした。
  2. このホテルのキャッチコピーは「エグゼクティブなひと時をお届けします」です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ