「ピストン運動」とは?意味や類語を解説!

ピストン運動という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事ではピストン運動の意味や類語について解説します。

目次

  1. ピストン運動
  2. ピストン運動の意味とは
  3. ピストン運動の類語
  4. ピストン運動を使った文章・使い方

ピストン運動

ピストン運動」という言葉が存在します。

あまり耳にしない言葉かもしれませんが、最近ではチラホラ耳にするようになってきました。

まだ意味を知らないという人はこの記事で覚えてしまいましょう。

今回は「ピストン運動」について解説していきます。

ピストン運動の意味とは

「ピストン運動」とは「シリンダー内部をピストンが往復運動すること」です。

「シリンダー」とは英語で筒状のものという意味で、「ピストン」とは「機械部品の名称であり、空の筒の部品の中をまわりこんだり、往復運動するもの」です。

この二つを合わせて「シリンダー・ピストン」構造と呼んでいます。
産業革命のときには、蒸気エンジンがエネルギーとして使用されていたことで有名です。

専門用語として存在していましたが、最近では筒状のものに何かが出し入れするような往復運動を世間一般的に「ピストン運動」と呼んでいます。

ネットでも「ピストン運動」は2chなどのネット掲示板やSNSで頻繁に使用されています。
基本的には男女の性行為の動きを「ピストン運動」と呼ぶため、ネット上で「ピストン運動」という言葉を見つけた際は、R-18的な意味合いだと覚えておきましょう。
 

ピストン運動の類語

「ピストン運動」の類語を紹介します。

  • 反復運動
  • 上下運動
  • 周期運動  など

ピストン運動を使った文章・使い方

「ピストン運動」を使った例文を紹介します。

  1. 産業革命のときの蒸気エンジンを使ったピストン運動は大いに注目された。
  2. あのボクサーはピストン運動かの如くパンチが一定の周期で繰り出される。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ