「不織布」とは?意味や使い方を解説します!

「不織布」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「不織布」について解説します。

目次

  1. 不織布
  2. 不織布(ふしょくふ)の意味とは
  3. 不織布の使い方・例文

不織布

不織布」という言葉について解説します。

新型コロナの流行で、普段見慣れない言葉だったものが当たり前のように毎日目にするようになるという変化がいくつもありましたが、この不織布という言葉もその一つではないでしょうか。

マスクの品薄で様々な種類のマスクがあることが広く認知されましたが、不織布マスクと布マスクの二つは身近にあるマスクとして日常の中に溶け込みました。

「不織布マスクあります。お一人様一点まで」なんて張り紙はあちこちで見かけたと思います。

ですが、ここで実は問題が発生していました。読み方と意味がいまいちピンとこない問題です(私だけかもしれませんが…)。

ということで、ここでは不織布の意味や使い方・読み方を詳しく紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

不織布(ふしょくふ)の意味とは

>

不織布(読み方・ふしょくふ)とは「織らない布。繊維を合成樹脂、その他の接着剤で接合して布状にしたもの。弾力に富み、通気性に優れているという特性がある」という意味の言葉となります。

読み方は「ふしょくふ」ですが織=しょくを知らなかったという方は少なくなかったかもしれません。

不織布で身近なのは、マスク以外ではちょっと良いバッグなどを買った時に、透けている白い袋にバッグが入っていると思いますが、その袋も不織布でできています。

他にも不織布は様々な用途で使われているので、探してみるのも良いかもしれませんね。

不織布の使い方・例文

  • 通気性の良い不織布マスクでも、夏につけるのは覚悟と忍耐が必要そうだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ