「オーバーレイ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「オーバーレイ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オーバーレイ」について解説します。

目次

  1. オーバーレイ
  2. オーバーレイの意味とは
  3. オーバーレイを使った文章・例

オーバーレイ

皆さんは「オーバーレイ」という言葉をご存知でしょうか。

画像処理ソフトを使える方なら、聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は「オーバーレイ」という言葉について詳しく解説します。

オーバーレイの意味とは

>

オーバーレイとは「重ねる。被せる。覆う。」という意味です。

主にデジタル分野でよく使われる言葉ですが、扱うソフトウェアによって指しているものが異なります。

まだパソコンの性能が低かった頃はメモリーが小さく、動かすのに大きなメモリーを必要とするプログラムを動かすために使われたのが「オーバーレイ」という手法です。
この手法はプログラムを複数に分割し、必要な部分だけを読み込むというものですが、パソコンのハイスペック化などを理由に使われなくなりました。

「オーバーレイ」という言葉が現在最もよく使われるのは、Photoshopなどに代表される画像編集ソフトウェアの中です。
こういったソフトウェアの中には、画像の上から透明なシートを重ねるようにして描画や処理を行う「レイヤー」という機能があるものが存在します。
このレイヤーはただ重ねるだけでなく、下の画像と色が混ざったように見えたりするなどの効果を付与することが可能です。
その効果の一つが「オーバーレイ」です。
下の色が濃い色だと色の掛け算、薄い色だとそれぞれの反転色との掛け算という効果になり、鮮やかな色合いになります。

オーバーレイを使った文章・例

  1. 旅行の写真を加工したら、オーバーレイの効果できれいな色になった。
  2. オーバーレイ効果を使いすぎるときつい色になるので、透明度を調整する必要がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ