「オーバーフロー」の意味とは?意味や使い方を解説!

「オーバーフロー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オーバーフロー」について解説します。

目次

  1. オーバーフロー
  2. オーバーフローの意味とは
  3. オーバーフローを使った文章・例

オーバーフロー

皆さんは「オーバーフロー」という言葉をご存知でしょうか。

パソコンなどのデジタル機器を扱う方は、聞いたことがあるかもしれませんね。

オーバーフローの意味とは

>

オーバーフローとは、以下の意味を持つ言葉です。

  • 液体が溢れ出ること。
  • 液体が容器の容量を超えた時に排出するための排出口。
  • コンピューター用語で、計算結果が取り扱い可能な最大値を上回り、正しく計算できないこと。桁あふれ。
  • コンピューター用語で、データが大きすぎてメモリ領域に収まりきらないこと。

上記の通り一般的な言葉としての用例とコンピューター用語としての用例がありますが、「容量オーバーで溢れる」という基本の意味さえ理解しておけば、具体的な意味を文脈から判断することが可能です。

コンピューター用語のうち「桁あふれ」について理解するには、電卓が一番分かりやすいです。
たとえば十数桁しか表示できない電卓に、10桁×10桁の計算を入力すると、表示できる桁数を超えた答えが出て、正しく答えを表示することができません。
これが「桁あふれ」、「オーバーフロー」です。

二つ目の意味についても、分かりやすくイメージするのは難しくないでしょう。
メモリ領域とはコンピューターが作業をするための空間、場所のようなものです。これが広ければ広いほど、つまりメモリの数値が大きいほど大きなデータを扱うことができます。
メモリの限界を超える大きさのデータを扱おうとすれば、当然「オーバーフロー」が起きるわけです。

オーバーフローを使った文章・例

  1. 作業中にオーバーフローしたのか、パソコンがフリーズしてしまった。
  2. このデータは、このスペックの端末で扱うとオーバーフローする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ