「憩い」とは?意味や使い方を解説します!

「憩い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「憩い」について解説します。

目次

  1. 憩い
  2. 憩い(いこい)の意味とは
  3. 憩いの使い方・例文

憩い

憩い」という言葉について解説します。

「憩いの場」「憩いの集い」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも日常の中で見聞きしたことがあると思います。

漢字に関しても休憩などかなり身近な言葉の中で見かけるので、馴染みがあるのではないでしょうか。

とはいえ、「憩いとは?」と聞かれると、イメージはできているのに、うまく説明できない。ということもあるかもしれません。

ということで、ここではそんな「憩い」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

憩い(いこい)の意味とは

>

憩い(読み方・いこい)とは「こころやからだを休めること。休息」という意味の言葉となっています。

ということで、憩いの場と言った場合は、「こころやからだを休める場所」という意味になりますし、憩いの集いと言った場合は、「こころやからだを休める集まり」という意味になることが分かると思います。

憩いという言葉は、意味もそうですが響きもなぜかほんわかするようなものを感じます。

なかなか会話の中で「憩い」という単語は使いにくいかもしれませんが、ぜひ覚えて使えるようにしておいてみてください。

忙しない現代において、意味深い言葉とも言えるのではないでしょうか。

憩いの使い方・例文

  • 私のおじいちゃんは、サラリーマンに憩いの場を作ってあげたくて、居酒屋を始めたと言っていた。
  • ランチタイムに、公園のベンチでお弁当を広げるこの時間が、私にとっては憩いのひとときとなっている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ