「莫大」の意味とは?意味や使い方を解説!

「莫大」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「莫大」について解説します。

目次

  1. 莫大
  2. 莫大の意味とは
  3. 莫大を使った文章・例

莫大

莫大」という言葉について解説します。

「莫大な財産」「損害は莫大だ」といった形で使われるこの言葉。

皆さんも日常の中で見聞きしたことがあると思います。

漢字から意味は想像がつきそうですし、使い方もなんとなくイメージがついているかもしれません。

ですが、ここで一度整理してみてはいかがでしょうか。

また、莫大と似た言葉の膨大や甚大といった言葉との違いなども併せて押さえてみましょう。

ということで、ここでは「莫大」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

莫大の意味とは

莫大とは「程度や数量がきわめて大きいさま」という意味の言葉となっています。

ということで、莫大な財産と言った場合は「きわめて沢山の財産」、損害は莫大だと言った場合は「損害の程度がきわめて大きい」という意味になることが分かるのではないでしょうか。

ちなみに冒頭で紹介した似た言葉である膨大・甚大との違いですが、

膨大=「膨れて大きくなること・非常に大きいこと」

甚大=「程度がきわめて大きいこと」

と、それぞれ上記のような意味を持っています。

とても大きいこと。という意味では同じですが、膨大には「膨れて大きくなる」という意味もあります。

莫大・甚大とは少し異なる意味合いがあるので、使い分けに注意してみてください。

 

>

莫大を使った文章・例

  • 莫大な財産を持っている資産家の最後は、非常に奇異なものだった。
  • デイトレードはボタン操作を一つ間違っただけで、莫大な損害が出ることがある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ