「検収」とは?意味や使い方を解説します!

「検収」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「検収」について解説します。

目次

  1. 検収
  2. 検収の意味とは
  3. 検収の使い方・例文

検収

皆さんは「検収」という言葉をご存知でしょうか。

「けんしゅう」という読み方は分かるかと思われますが、具体的な意味や使い方を説明するのは難しいかもしれませんね。

今回は「検収」という言葉について詳しく解説します。

検収の意味とは

>

検収とは「納入された品が、発注通りの内容であるかを検査して受け取ること」という意味です。
読み方は「けんしゅう」です。

IT用語では、「システムが仕様通りに動作するかを確認すること」という意味になります。

「検収処理」で確認するべき項目は、品物の種類や個数、不良品が混じっているかどうかなどです。
ソフトウェアなどの物品でないものも同じで、動作の不具合やバグなどが無いかどうかをチェックします。
また文章や画像なども同じで、誤字脱字や色指定の間違い、書式などの仕様ミスなどを確認する必要があります。

不備が見つかった場合は速やかに納入元に確認を取ることが望ましく、その対処方法について交渉し処理するのも「検収」のうちです。
それらの作業が全て終わり、受け取った側が「間違いなく注文通りのものを受け取りました」と納入元へ連絡するまでが「検収」の一連の流れとなります。

「検収」中に発覚した不具合は納入元の責任となりますが、「検収処理」が終わった後に発生した不備は受け取った側の責任となるため、「検収」は慎重かつ精密に行うことが求められます。

検収の使い方・例文

  1. 私はスーパーマーケットの商品管理の仕事をしていて、入荷する商品の検収処理を任されている。
  2. 新商品が納入されてきたので検収したが、注文書と数が合わなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ