「懸賞」とは?意味や使い方を解説します!

「懸賞」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「懸賞」について解説します。

目次

  1. 懸賞
  2. 懸賞の意味とは
  3. 懸賞の使い方・例文

懸賞

皆さんは「懸賞」という言葉をご存知でしょうか。

よく見る言葉であり、「けんしょう」という読み方も意味もよく知っている方が多いのではないでしょうか。

今回は「懸賞」という言葉について詳しく解説します。

懸賞の意味とは

>

懸賞とは「何らかの手段で一般から応募者を募り、賞金や賞品を提供すること」という意味です。
読み方は「けんしょう」です。

また、相撲用語では「主に幕内力士の取り組みに対して、企業がかける賞金」を指す言葉でもあります。

「懸賞」には、基本的には誰でも応募することが可能です。
内容によっては作品などの優劣を競うコンテストや、応募者がクイズなどを解いて正解者のみが賞を受け取るチャンスがあるもの、主催者が提示した条件を達成することで応募完了となるものなどの形態があります。

「懸賞」は、大きく分けて「オープン懸賞」と「クローズド懸賞」の二種類があります。
店舗での買い物など主催者が提供するサービスを利用することで応募資格を得るのが「クローズド懸賞」、テレビ番組の視聴やSNSの投稿などで誰でも応募できるのが「オープン懸賞」です。

しかしいずれの場合においても、応募者全員が受賞することはできません。
抽選形式の場合は当選者のみ、コンテスト形式のものは上位者および特別条件に合致した者のみが賞を受け取ることができるのです。

懸賞の使い方・例文

  1. 友人が高価な自転車に乗っているのでいくらで買ったのかと聞いたら、懸賞で当たったという。
  2. どうしても行きたい旅行先があるがお金に余裕が無いので、当選を期待して懸賞に応募し続けている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ