「間奏」とは?意味や使い方を解説します!

「間奏」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「侮蔑」について解説します。

目次

  1. 間奏
  2. 間奏(かんそう)の意味とは
  3. 間奏の使い方・例文

間奏

間奏」という言葉について解説します。

この言葉はほとんどの人が見聞きしたり使ったりしたことがある言葉だと思います。

小中学校の音楽の授業で出てくると思いますので、音楽の授業は全部さぼったという人でない限りはご存知でしょう。

間奏。意味も改めて調べることもなく知っているとは思いますが、ここで一度言葉としておさらいしてみるのはいかがでしょうか。

ということで、ここではそんな「間奏」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

間奏(かんそう)の意味とは

>

間奏(読み方・かんそう)とは「一曲の途中に挿入して演奏すること。また、一極の途中で伴奏楽器だけで演奏する部分」という意味の言葉となります。

すっごく分かりやすく言うと「カラオケでヒマになるあの部分」とも言えるでしょうか。

一般的なポップミュージックでは、ギターソロが入ったり、1番と2番を繋ぐ役割をしたりすることが多いようです。

音楽に限らず、詩や劇の合間に演奏するものも間奏曲、間奏と言ったりもします。

ちなみに、2000年以降に生まれた若い世代ではこの間奏は必ず飛ばして聞くという人が多いと言われています。

昭和のおっさんは「音を楽しむと書いて音楽なんだ。間奏も楽しめないようではダメだ」などと言うかもしれませんね

間奏の使い方・例文

  • あのバンドは歌詞もメロディーも最高だけど、間奏の世界観が強すぎてついていけない時がある。
  • あの曲の間奏で来るギターソロが一番盛り上がるタイミングだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ