「リマインド」とは何?意味を解説!

「リマインド」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リマインド」について解説します。

目次

  1. リマインド
  2. リマインドとは
  3. リマインドの使い方・例文

リマインド

リマインド」という言葉の意味について解説します。

リマインドという言葉は、よく耳にするのではないでしょうか、

社会人の中では多く使われる言葉であり、またSNSなどでも使われるこの言葉、皆様は意味をご存知でしょうか?
もしご存知でなければ、この機会に意味を知ってみましょう。

リマインドとは

リマインドの意味とは「思い出させる」「気づかせる」となります。

英語の「remind」を語源として、カタカタ読みされているのがリマインドです。
今日ではビジネス用語となっており、再確認・思い出させるという意味で使われています。

例えば、取引先と打ち合わせの会議がある場合において、会議の数日前に再度連絡して、予定通りに会議に出席できるかどうかを確かめるためにする連絡がリマインドとなります。また、電話でなくメールで確認をする場合はリマインドメールと呼ばれます。

これらリマインドはビジネスの場においては一般的に使われており、出欠の確認・日程の確認・締め切りの確認など様々なアポイントメントをリマインドすることで、スムーズに業務を進めることができるのです。リマインドメールを貰った場合は、しっかりと返信しましょう。

アプリにもリマインド系アプリというものが存在しており、こちらは備忘録代わりに使われるアプリです。日常生活の中でチェックしたい・思い出したい物事をアプリに入力しておき、リマインドしてもらうという便利なものとなっています。

リマインドの使い方・例文

  1. 取引先企業との会議に備えて、リマインドメールを送って確認する。
  2. リマインドメールを見るまで飲み会があることを忘れていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ