「コミッショナー」とは?意味や使い方を解説します!

「コミッショナー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「退位」について解説します。

目次

  1. コミッショナー
  2. コミッショナーの意味とは
  3. コミッショナーの使い方・例文

コミッショナー

皆さんは「コミッショナー」という言葉をご存知でしょうか。

プロ野球などが好きな方は、よく聞く言葉ではないかと思われます。
同じプロスポーツ業界でも、Jリーグなどでは違う呼び方をしているため、そちらが好きな方はご存知ないかもしれませんね。

今回は「コミッショナー」という言葉について詳しく解説します。

コミッショナーの意味とは

>

コミッショナーとは「政府、行政などで代理権限を持つ弁務官や行政官。また、プロ野球やプロボクシングなどの運営団体での最高権威者」という意味です。

英語で「commission」は「委任」という意味であり、「commissioner」は「委任された人」という意味になります。

プロスポーツの世界にそれぞれ存在する協会などの運営団体において、統制を取るために全権を委任され、最高決定権を持つ権威者のことを呼ぶ言葉が「コミッショナー」です。

日本のプロ野球においては、日本野球機構会長を兼任し、任期は1期3年で再任可能であり、12球団の代表で構成される実行委員会によって選定されます。

なお、日本のサッカー協会であるJリーグでは、同様の立場の役職は「理事長」ですが、通称「チェアマン」、あるいは「マン」が男性を表す言葉であることから性別を問わない言い方として「チェアパーソン」ともいいます。
こちらは1期2年間で、同じく再任が認められています。

コミッショナーの使い方・例文

  1. コミッショナーの決定によって、今年のプロ野球リーグ戦は中止となった。
  2. 次期コミッショナーを選出する時期が近付いてきた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ