「ハイオク」とは?意味を解説します!

「ハイオク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハイオク」について解説します。

目次

  1. ハイオク
  2. ハイオクの意味とは
  3. レギュラーとハイオクの違い

ハイオク

ハイオク」という言葉について解説します。

みなさんも道路沿いのガソリンスタンドで「軽油」「レギュラー」「ハイオク」という三つの言葉が並んでいるのをよくご覧になると思います。

レギュラーガソリンを給油して走るのが一般的なので、みなさんに馴染み深いのはレギュラーだと思いますが、この「ハイオク」という表示、気になっている方は多いのではないでしょうか。

値段もレギュラーより10円くらい高かったりするので、外車など高い車に入れるガソリンといった感じで認識されている方も多いかもしれません。

ここではそんなハイオクという言葉について、意味を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ハイオクの意味とは

>

ハイオクとは「ハイオクタンの略語で、ハイオクタンとは、オクタン価が高いガソリン」という意味になります。

では、オクタン価とは何かということですが、ざっくりと言えば異常燃焼がしにくく高いエネルギーを出せるかどうかの指数ということになります。

外車の大型車、スポーツカーなどがハイオクを入れるのは、高性能のエンジンの能力を生かすことができるオクタン価の高いガソリンがハイオクだから。ということになります。

レギュラーとハイオクの違い

レギュラーガソリンはオクタン価が89~95までのものを指し、オクタン価が96以上のガソリンをハイオクと言います。

レギュラーガソリン仕様のエンジンの車にハイオクを入れてもエンジンの性能は向上しませんが、逆にハイオク仕様のものにレギュラーガソリンを入れると異常燃焼を起こす危険が高まります。

昨今、セルフのガソリンスタンドが増えていて、誤給油トラブルの数が増えています。給油する際はガソリンの種類を注意して入れるようにしましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ