「ラッキーパンチ」とは?意味や使い方を解説!

「ラッキーパンチ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ラッキーパンチ」について解説します。

目次

  1. ラッキーパンチ
  2. ラッキーパンチの意味とは
  3. ラッキーパンチの使い方・例文

ラッキーパンチ

ラッキーパンチ」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ラッキーパンチ」という言葉は、ボクシングにおいて使用されます。

よく、格下の選手が繰り出したパンチが、格上の選手に偶然クリーンヒットした際などに使われます。

また、これが転じて、ボクシング意外の場面においても例えとして使われることもあります。

今回は、そんな「ラッキーパンチ」について詳しく解説します。

ラッキーパンチの意味とは

>

ラッキーパンチとは「ボクシングにおいて、実力が低い選手が繰り出したパンチが、偶然相手の選手にクリーンヒットし、倒してしまうような場面で使用される言葉。」という意味になります。

実力によって繰り出した威力のあるパンチではなく、偶然命中した有効なパンチという点がポイントになります。

この「ラッキーパンチ」という言葉は、ボクシングを題材にした漫画「はじめの一歩」の中の名台詞にも登場します。

「ボクシングにラッキーパンチはない。結果的に偶然当たったパンチでもそれは練習で何百何千と振った拳だ。」という台詞です。

このように、「ラッキーパンチ」という言葉は、漫画などの作品中に登場することもありますが、さまざまな場面で、例えとして使用されることもあります。

ラッキーパンチの使い方・例文

  1. 政府が打ち出した政策により、景気が上向きになったと見られているが、有識者の中にはたまたま当たっただけのラッキーパンチだと揶揄する人もいる。
  2. ラッキーパンチでも相手に当たって倒したのだから、勝ちは勝ちだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ