「試行錯誤」とは?意味や使い方を解説!

「試行錯誤」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「試行錯誤」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 試行錯誤
  2. 試行錯誤の意味とは
  3. 試行錯誤の類語
  4. 試行錯誤を使った文章・例文

試行錯誤

試行錯誤(しこうさくご)」はビジネスの場面でもよく使う言葉ですね。「試行錯誤する」といった形で登場することが多いでしょう。
何気ない友人や家族との会話でも使っていることが多く、四字熟語の中でも使用頻度はかなり高いものでしょう。それだからこそ、間違った使い方をしてしまうと赤っ恥をかいてしまいますから正しい使い方や意味を覚えましょう。

この記事では「試行錯誤」の意味や類語、使い方や例文を解説します。

試行錯誤の意味とは

「試行錯誤」の読み方は「しこうさくご」で、意味は「何かを行う時に、試みと失敗を繰り返しながら徐々に改善することで解決策を発見していくこと」を表します。
分解してそれぞれの言葉をを見ると、「試行」が試しに行うこと、「錯誤」が間違いや誤りのことを表します。日常の中で使う場合には「試行錯誤する」「試行錯誤を重ねる」といった形で使われることが多いですね。

現代のビジネスマンは失敗を恐れずに「試行錯誤」をしながら進んでいくことが求められますから、上司や部署でこの言葉が使われた時にはチームで求められていることをしっかりと意識したいところです。

試行錯誤の類語

  • 失敗は成功のもと
  • トライアルアンドエラー

試行錯誤を使った文章・例文

  1. この研究はとても難しいものだったが、試行錯誤を重ねることでやっと一定の形を作ることができて安心した。
  2. 新入社員は失敗することを気にする必要はない。試行錯誤を重ねることによって少しずつ自分らしい働き方が見えてくるものだから、恐れずに進んでいきなさい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ