「縁の下の力持ち」とは?意味や使い方を解説!

「縁の下の力持ち」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「縁の下の力持ち」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 縁の下の力持ち
  2. 縁の下の力持ちの意味とは
  3. 縁の下の力持ちの由来
  4. 縁の下の力持ちの使い方・文章

縁の下の力持ち

縁の下の力持ち」という言葉の意味と縁の下の力持ちを使った文章について解説します。

文字の意味だけではいまいちわからないこの言葉についてしっかりと意味を理解しましょう。

今回は縁の下の力持ちの意味や由来、類義語を紹介していきます。

縁の下の力持ちの意味とは

縁の下の力持ちの意味は「目立たないところで、他人を支えるために苦労をすること。または、そういう人のこと」を表します。

読み方は「えんのしたのちからもち」です。

影の功労者などに対して使用されることわざです。

縁の下の力持ちの類義語

  • 縁の下の舞
  • 内助の功

縁の下の力持ちの対義語は存在しません。

 

縁の下の力持ちの由来

縁の下の力持ちの、縁の下は家の床下の表します。

縁の下の力持ちは、床下は人の目に触れることはないが、日々住人を支える力持ちである様子が由来と言われています。

縁の下の力持ちの使い方・文章

  1. 今ここで頑張れているのは、スタッフなどが縁の下の力持ちになってくれていたからです。心から感謝しています。
  2. 彼はいつも自分中心に進めているが、たまには縁の下の力持ちになることも重要だと思う。
  3. 今回の企画は縁の下の力持ちである彼がいてくれたから成功することができた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ