「水と油」とは?意味や使い方を解説!

「水と油」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「水と油」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 水と油
  2. 水と油の意味とは
  3. 水と油の類語
  4. 水と油を使った文章・例文

水と油

「水と油」という言葉の意味や類語、例文についてお伝えします。

日常生活やビジネスの場でも使うことがあり、耳馴染みのある言葉だと思います。

主に、人の関係を表す際に用いられる言葉ですが、皆さんは、水と油という言葉の正しい意味をご存知でしょうか。

正しい意味を理解していると、自信を持って使うことができるので、この機会に深く理解していきましょう。

今回は「水と油」について解説していきます。

水と油の意味とは

水と油とは、異質で溶け合わないことの例えで、「気が合わず、反発し合って仲が悪いこと。」という意味になります。

語源に定説はなく、水と油が物質的に交わらないことが由来とされています。

また、水に油を注ぐと言うことがありますが、水に油を注ぐという表現は存在しません。似たことわざの「火に油を注ぐ」と混同して使われることがあるので注意しましょう。

 

水と油の類語

  • 排他的関係
  • 相容れない関係
  • 犬猿の仲
  • そりが合わない間柄
  • 対照的な関係
  • 対立する中
  • 犬と猿
  • 犬と猫

水と油を使った文章・例文

  1. 佐藤さんと伊藤さんは水と油の関係なので、会わせない方が良い。
  2. あの人と私は水と油の関係なので、話したくない。
  3. 水と油という言葉に、語源とされる説はない。
  4. あの二人はいつも喧嘩しているので水と油の関係だ。
  5. 水と油だと思っていた二人が、まさか結婚するなんて夢にも思わなかった。
  6. あの二人は水と油の関係だと思われがちだが、意外と仲が良い。
  7. 回りが水と油の関係だと思っているだけで案外、当人同士は円満な関係だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ