「因果応報」とは?意味や使い方を解説

「因果応報」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「因果応報」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 因果応報
  2. 因果応報の意味とは
  3. 因果応報の使い方・例文

因果応報

因果応報(いんがおうほう)」という四字熟語の意味と、因果応報を使った文章について解説します。

自分が悪いことをした後に、自分の身に悪い物事が起きた時に「因果応報だ」と言われたことはありませんか?悪い出来事が起きたときによく使われるこの四字熟語ですが、一体どういった意味を持つのかをこの機会に知ってみましょう。

因果応報の意味とは

因果応報の意味は「いい行いをすればいい報いがある。悪い行いをすれば悪い報いがある」「過去や前世の行いに対して果報がある」となります。

もとは仏教語で、その人がしてきた行いの善悪に応じた報いがもたらされるということです。因果の「因」が因縁・原因、「果」が果報・報いを指しています。現在では、主に悪い行いをした時などに使われることが多い四字熟語です。

因果応報の類語

  • 自業自得
  • 善因善果
  • 因果因縁
  • 応報的面
  • 輪廻応報
  • 三世因果
  • 前因後果
  • 善因善果

「自業自得」とは?意味や反対語を解説! | 意味解説

因果応報の使い方・例文

  1. 不幸な出来事だったけど、あの人は悪いことばかりしてきたから因果応報だよ。
  2. 浮気をしたら離婚されるのは、当然の因果応報である。
  3. 良いことをし続ければやがてその報いは帰ってくる因果応報だ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ