「精算」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「精算」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「精算」という言葉の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 精算
  2. 精算の意味とは
  3. 精算を使った文章・例文

精算

精算(せいさん)」という言葉の意味について解説します。

飲食会などの会計や事務処理で「これを精算して下さい」とかよく使われる言葉で、ご自分でも多々使われていると思います。

いつも使っている言葉でも、その意味をご存知でしょうか。もしかすると、清算と勘違いしてるということはないでしょうか。

この機会に意味を理解してみましょう。

精算の意味とは

精算とは「金額などを細かく計算すること」「料金などの過不足を計算し処理する」となります。
読み方は「せいさん」です。

「精算」と「清算」の違い

「精」は「こまやかに、くわしくする」「純粋なもの」という意味。
「清」は「けがれがなくさっぱりしてる」「澄んできれい」という意味。

「清算」の意味は「互いの貸し借りを計算することによって、決まりをつける」「それまでの関係・事柄に結末をつける」です。

事務処理で出張費の請求をされた場合は、細かい金銭の計算だけですから、「精算」を使います。

過去の揉め事や借金などは、けじめや決まりをつける意味になりますから、「清算」を使います。

<英語>
精算は「adjust an account even up 」
清算は「clear up 」「liquidate」

>

精算を使った文章・例文

<例文>

  1. この飲み会費は経費で落ちませんので、後日精算しますから、支払いのほうお願いします。
  2. 作業費用のご精算につきましては、請求書をメールにてお送りします。
  3. こちらは品物のお渡しだけですので、そちらのレジで精算して下さい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ