「怠惰」とは?意味や類語を解説!

「怠惰」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「怠惰」について解説します。

目次

  1. 怠惰
  2. 怠惰(たいだ)の意味とは
  3. 怠惰の使い方・例文

怠惰

怠惰(たいだ)」という言葉について解説します。

あまり良い意味では使われることがない言葉というイメージがあると思います。

実際に、使い方を間違えると大変なことにもなる言葉なので、読み方、意味、使い方をしっかり把握してみましょう。

また、類語や英語も併せて紹介しますのでそちらもご覧になって整理して理解してみてください。

怠惰(たいだ)の意味とは

怠惰とは「すべきことをなまけてだらしないさま」という意味で、読み方は「たいだ」です。

謙遜する時に使うことがあるかもしれませんが、意味の通りあまり良い意味の言葉ではないのでもし使う際には注意してください。

>

怠惰の英語

怠惰の英語は

  • idleness(アイドルネス)
  • laziness(レイジネス)

idle は活動していないという意味の英語で、飲食店などでアイドルタイムと耳にしたことがあるかもしれませんが、偶像のアイドルではなく、こちらの意味のアイドルとなっています。

怠惰の類語

怠惰の類語としては

  1. 怠慢 (なまけて仕事や義務をおこたること)
  2. 横着 (手抜きをし、すべきことをなまけてそれで済まそうとすること)
  3. 無精 (物事をめんどうくさがる性質)
などがあります。

怠惰という言葉はどちらかというと文章的な表現なので、実際に使われるのは怠慢などが多いようです。

怠惰の使い方・例文

  1. 彼女と別れて以来、怠惰な毎日を送っている。
  2. 仕事を辞めて好きな事ばかりしていると、ある種怠惰な悦びを感じる。
  3. 叱らず甘やかしすぎると怠惰な子に育ってしまわないか心配だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ