「千変万化」とは?意味や読み方を解説!

「千変万化」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「千変万化」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 千変万化
  2. 千変万化とは
  3. 千変万化の使い方・例文

千変万化

この記事では「千変万化(せんぺんばんか)」について解説させていただきます。

みなさんはこのこの四字熟語を聞いたことはありますか?四字熟語はあまり日常生活の中で使うことが少ない言葉の1つでもあるため、聞いたことがない人もいるかもしれません。

しかし四字熟語は文字数が少ないこともあり、意味や使い方を理解していれば非常に汎用性の高い言葉の一つです。

初めて聞いたという方もそうでない方もこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

千変万化とは

まず読み方についてですが「千変万化」は「せんぺんばんか」と読みます。
「せんべんばんか」と読んでいる人もいるようですが、どうやら辞書などによっては「せんべん」と表記しているところもあるようなので間違いではないようです。

意味は「状況が多種多様に変化してしまうこと」となっています。

千変万化の英語

千変万化を英語で表現する場合は『Innumerable changes』となります。

これはInnumerableが数えきれない、無数のという意味を持っています。
そしてChangesは変化するという意味です。

千変万化の類語

千変万化の類語としては
・目まぐるしい変化
・多種多様な変化
など多くの種類のものに変化するという意味がある言葉が挙げられます。

千変万化の使い方・例文

千変万化の例文についてご紹介させていただきます。

1.彼の作品はまさに千変万化のごとしと言え、決して飽きることは無い。
2.彼女のバイオリンから奏でられる音楽はまさに千変万化である。
3.あの人の通訳は千変万化であり信用できない。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ