死語とは?意味や使い方を解説

SNSなどで、「死語」という言葉を見たことがあると思います。不気味に思える言葉ですが、実はかなり需要のある意味をしています。「死語」の意味を知らない人も多いと思うので解説します。

目次

  1. 死語
  2. 死語の意味とは
  3. 死語を使った文章・使い方

死語

2chやSNSなどで「死語」と頻出する一方で、その意味を知らないという人は多いです。

特に最近の若者などは「死語」という言葉を使う文化があまりなく、どちらかというと20代前半から30代にかけて使っている人が多いという印象です。

しかし、「死語」という言葉を覚えておいて損はしない言葉のため、しっかり覚えましょう。

死語の意味とは

「死語」とは「既に使われなくなった言葉」もしくは「既に使われなくなった言語」を意味します。

主にネット上では前者である「既に使われなくなった言葉」の意味で使用されています。

少し前の流行語などが「死語」に該当します。

例えば、有名な死語だと「チョベリバ」や「そんなバナナ」、「ゲッツ」などがあります。

どれも一昔前に流行った言葉であり、現在では全く使用されていないと思います。

このように使われなくなった言葉は時が経つごとに増えていきます。

最新の死語だと「卍(まんじ)」や「とりま」などの言葉です。

まだ使われ続けている印象がありますが、世間一般的には「死語」扱いらしいです。

死語を使った文章・使い方

1.卍はさすがに死語でしょ
2.死語を使われると意味が分からないよ
3.そろそろ「そんなの関係ねぇ」も死語だな

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ