「大盛況」とは?意味や使い方を解説!

「大盛況」という言葉をご存知でしょうか。言葉自体はもちろん、こうした状況は日常生活でも意外に見る機会はありますよね。この記事ではそんな「大盛況」の使い方や例文について解説します。

目次

  1. 大盛況
  2. 大盛況の意味とは
  3. 大盛況を使った文章・例文

大盛況

大盛況(だいせいきょう)」という言葉を聞いたことがあると思います。また「大盛況」な現場を見かけたという人も多いはず。

テレビ・ネットのニュースなどでは度々登場し、「大盛況のうちに幕を閉じた映画」などの使い方がされています。今日もどこかが「大盛況」していて、実際にその中にいる人、いたという人も多いはず。この記事ではそんな「大盛況」について解説していきます。

大盛況の意味とは

大盛況とは、「大盛り上がりなこと」を意味します。

飲食店、映画、イベントなど様々なものの盛り上がり方に対して用いられ、一つの場所に多くの人が集まっている状況を指します。

盛り上がっている状況のことを意味する「盛況」という言葉に「大」をつけて協調した言葉ですが、実際には混雑具合で使い分けされることはあまりありません。「盛況ぶり」のように様子を言い表すときや、「ご盛況いただいている」のような丁寧語として使われる場合を除き、ほとんどの場合「大盛況」の方が用いられます。

>

大盛況の類語・英語

類語には、「大反響」が挙げられます。「可愛らしい仕草のCMが大反響を呼んだ女優」などのキャッチフレーズでよく耳にするように、一つの場所に人が集まるのではなく、一つの物やある一人に広く人気が集まることを意味します。


英語では、「success」、「hit」、「prosperity」などが「盛況」を意味する言葉になります。

大盛況を使った文章・例文

  1. 大盛況のうちに終わった舞台だったが、今度は全国ツアーを展開するらしい。
  2. 十数年前までは連日大盛況だったこの繫華街も、いまでは見る影もなく寂しい通りになってしまった。
  3. 趣向を凝らしたチラシが大反響を呼び、お店はオープン直後から大盛況だった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ