「束縛」とは?意味や使い方を解説!

「束縛」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「束縛」について解説します。

目次

  1. 束縛
  2. 束縛の意味とは
  3. 束縛を使った文章・例文

束縛

束縛(そくばく)」は、恋愛に関する悩みでは必ず出てくるほどメジャーなものになっています。普段何気なく使っている言葉ですが、その意味や使い方について正確に知っている人は少ないかもしれません。

また、恋愛における「束縛」は、彼氏と彼女の関係性によってとらえ方が変わったり、「束縛」の種類によっては破局に至るなど様々なものがあります。

この記事では、「束縛」の意味や恋愛における種類、例文などを解説します。

束縛の意味とは

「束縛」には、「まとめて縛ること」という意味と「何らかの制限を加えて相手の自由を奪うこと」の意味があります。現在では、後者の意味で使われることがほとんどで、その場面も大体が恋愛に関することですね。

「束縛」は、適度であればされて嬉しいという人もいます。しかし、束縛が過度になると彼氏や彼女が疲れてしまうことになるでしょう。「束縛」が恋愛のスパイスになるのは、あくまで適度だった場合に限られると言えます。

恋愛における「束縛」の種類にも様々ものがあります。異性と会ったり連絡をとったりすることを制限する場合や、携帯電話をチェックすること、最近ではLINEの既読がつくかの確認など人によって「束縛」の方法は異なります。

嬉しいという段階を通り過ぎて、相手がうんざりしないように自分の感情を抑える努力も大切ですね。

束縛を使った文章・例文

  1. 嫉妬心や不安からパートナーを束縛してしまうことになるのだが、結果としてそれこそが破局へとつながってしまう行為なのだ。
  2. 付き合いたての頃は束縛されるのも嬉しいけど、付き合いが長くなるとうんざりするようになる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ