「仕草」とは?意味や使い方を解説!

「仕草」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「仕草」について解説します。

目次

  1. 仕草
  2. 仕草の意味とは
  3. 仕草と行動の違いとは
  4. 仕草の語源
  5. 仕草を使った文章・例文

仕草

仕草(しぐさ)」という言葉の意味について解説します。

「なにげない仕草が可愛い」などと言ったり、少し前まではよく使っていた言葉です。

最近では、この「仕草」という言葉を使って表現することが少なくなってきましたが、意味をご存知でしょうか。

この機会に意味を理解してみましょう。
 

仕草の意味とは

仕草とは「何かをする時の動作や身のこなし」「舞台上での俳優の動作や表情」という意味になります。
読み方は「しぐさ」です。

「仕種」とも書きます。

その人の性格や育ってきた環境によっても、「仕草」に違いが現れます。日本舞踊を習ってきてれば、自然と奥ゆかしい所作が身についていますから、相応の仕草をします。

また、武道を習っていれば、折目正しいきびきびとした仕草となって現れます。
 

>

仕草と行動の違いとは

「仕草」はなにげなく自分が意図しなくても自然にやる身体の動き。立ち居振舞いということです。

「行動」はあることを目的として、実際に身体を動かすことです。

この「仕草」と「行動」の違いは、無意識か意識的かの心理面の違いが作用してるということです。

なにげない動きと意図した動きの違いになるのでしょう。

仕草の語源

<語源>
「仕」は「する」の連用形で「し」の当て字です。

「くさ(種)」は「物事が生じるもとになるもの。種類。」という意味で、草よりは種のほうの意味を用いたのでしょう。

<類語>
「立ち居振舞い」「作法」「所作」「身振り」

仕草を使った文章・例文

<使い方・例文>

  1. 彼女のさりげなく髪の毛をかき上げる仕草は、とても美しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ