「普遍的」とは?意味や使い方を解説!

「普遍的」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「普遍的」について解説します。

目次

  1. 普遍的
  2. 普遍的とは
  3. 普遍的の使い方・例文

普遍的

「普遍的な人気」「普遍的に存在する」など、「普遍的(ふへんてき)」という言葉を目にした事のある人も多いと思います。日常会話ではあまり使われない言葉のため、その意味を知らない人もいるのではないしょうか?

この記事ではその「普遍的」について、意味や読み方、類語や対義語などを詳しく解説していきます。
意味を知らなかった人はこの機会にぜひ覚えていってくださいね。

普遍的とは

「普遍的」とは「様々なものに共通している様子」という意味の言葉です。
「普遍的」の「普」も「遍」も「全体にゆきわたる」という意味を持っている言葉です。そのことからも「普遍的」が「様々なものに共通している様子」という意味であることが推測できます。

「普遍的」の読み方は「ふへんてき」です。「普遍的(ふへんてき)」という言葉は使用される場面も多いため、覚えておくと便利ですね。

>

普遍的の類語

「普遍的」の類語は以下のような言葉が挙げられます

  • 広く
  • 世界的
  • 一般的

どれも「普遍」の「すべてにゆきわたるさま」と同じような意味をもつ言葉ですよね。

普遍的の対義語

「普遍的」「普遍」の対義語は

  • 特殊

「特殊」は2つの意味があります。
1つは「性質などが普通のものと異なっていること」という意味で、もう1つは「全体に共通するわけではなく、限られた範囲内のものにしかあてはまらないこと」という意味です。
「普遍」は「特殊」が持っている意味の中で、後者の「全体に共通するわけではなく、限られた範囲内のものにしかあてはまらないこと」の反対の意味です。

普遍的の使い方・例文

  1. 「愛」は物語のテーマとして普遍的なものである。
  2. 世界遺産は普遍的に価値のあるものである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ