バカッターとは?意味や使い方を解説

Twitterで主に使用される「バカッター」という言葉。Twitterのユーザーも増える一方で、「バカッター」という言葉の使用頻度も高くなってきました。なんとなく意味は分かる人も多いと思いますが、解説していきます。

目次

  1. バカッター
  2. バカッターの意味とは
  3. バカッターを使った文章・使い方

バカッター

主にTwitterで使用される「バカッター」という言葉ですが、最近では年々使用頻度が高まってきました。

「バカッター」という言葉でニュースの特集をつくられることもあるくらい有名な言葉になりましたが、意味を知らないという人も多いです。

自分が「バカッター」と呼ばれないためにも意味をしっかり覚えておきましょう。

バカッターの意味とは

「バカッター」とは「馬鹿」と「Twitter」を掛け合わせた言葉です。

具体的な意味は「迷惑行為や犯罪行為をTwitter上で不特定多数の人に公開する馬鹿な人」です。

コンビニの冷却ケースにパリピな人が体をツッコんだりするバカッターはしょっちゅう見ますね。

迷惑行為で収まらず、犯罪行為をツイートしてしまうとネットの民から住所を特定されたり、炎上してしまったり、最悪の場合逮捕などもあります。

すでに「バカッター」が何人も逮捕されているという事例があります。

Twitterで簡単につぶやけてしまうからといえ、このように「バカッター」になってしまうと、最悪な末路は免れられないです。

バカッターを使った文章・使い方

1.またバカッターが現れました
2.バカッターの住所特定したった
3.思わぬ画像がバカッター認定され、炎上してしまった

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ