「倦怠期」とは?意味や使い方を解説!

「倦怠期」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「倦怠期」について解説します。

目次

  1. 倦怠期
  2. 倦怠期の意味とは
  3. 倦怠期を使った文章・例文

倦怠期

「倦怠期」という言葉について解説します。

カップルや夫婦の話題になった際に、しばしば出てくることがある「倦怠期」という言葉ですが、恋愛や結婚だけに使われる言葉ではないというのはご存知でしょうか。

どんな時に、どのように使われる言葉なのか、倦怠期の意味や使い方をしっかり把握して使いこなせるようにしてみましょう。

倦怠期の意味とは

倦怠期は「飽きて嫌になる時期」という意味を持った言葉です。

なので、恋愛や結婚などのカップル・夫婦の話題だけではなく、飽きて嫌になる可能性があるもの全て、仕事や部活、趣味などにも当てはまる言葉となっています。

よく一緒に使われる、混同される言葉として「マンネリ」という言葉がありますが、マンネリは新鮮味がないという言葉です。

飽きて嫌になる倦怠期に比べれば、マンネリなんて可愛いものではないでしょうか。
 

倦怠期の症状

飽きて嫌になる。と言っても、どんな気持ちや症状がそれにあたるのか、言葉の意味を整理する上でも少しご紹介します。

  1. めんどくさく感じる
  2. 嫌な部分が目につく
  3. 楽しさを感じない
  4. 慣れてしまって嬉しさがない
  5. 興味が薄くなってきた など
他にもありますが、主にこんな感じの気持ちや症状が出てきた場合、倦怠期と言うようです。

倦怠期を使った文章・例文

  • マンネリが続いてお互いに慣れきってしまうと、倦怠期に陥るような気がする。
  • 仕事にも慣れ、職場の人間関係も落ち着いてきて倦怠期を迎えたように感じる。
  • 倦怠期を避けるためにはどんな工夫をすればよいのだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ