「孤独」とは?意味や使い方を解説!

「孤独」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「孤独」について解説します。

目次

  1. 孤独
  2. 孤独の意味とは
  3. 孤独を使った文章・例文

孤独

孤独」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「孤独」とは、日常生活で使うこともあり、ニュースなどで耳にする機会もある一般的に認知された言葉になります。

楽曲の歌詞に使われることも多く、耳馴染みがある方が多いのではないでしょうか。

「孤独感」という表現や、社会問題化している「孤独死」といった言葉も存在します。

似た言葉に「孤立」という言葉もありますが、意味やニュアンスは少し異なります。

孤立の意味も交えて解説するので、この機会に「孤独」という言葉について深く理解していきましょう。

孤独の意味とは

>

孤独とは、「他人との接触や関係、連絡などがない状態を表す言葉」という意味になります。

また、よく使われる「孤独感」という言葉は、「自分がひとりであると感じている心理状態」という意味を持ちます。

さらに、孤独には言葉は一緒でも置かれている状態によって、異なる概念がいくつか含まれます。

他人から強いられて孤独な状態になっている場合は、「隔離」という概念が付随します。

また、社会的に周囲の人間から避けられており、孤独な状態に陥っている場合は、「疎外」という概念が存在します。

そして、単純にひとりになり、孤独な状態になっている場合は、「孤立」という概念が含まれます。

このように、孤独という言葉を1つ取っても置かれている状態によって、さまざまな概念が存在します。

孤独を使った文章・例文

  1. 彼は、人間関係に疲れて他人との接触を絶ち孤独な状態になっている。
  2. 孤独死には、深刻な社会的背景が隠されている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ