「炎上」とは?意味や使い方を解説

SNSやブログなどで「炎上」という言葉を頻繁に目にすると思います。また、最近ではYoutuberや芸能人に対しても使用される機会が増えてきました。この記事でしっかり意味を覚えましょう。

目次

  1. 炎上
  2. 炎上の意味とは
  3. 炎上を使った文章・使い方

炎上

ブログなどで頻繁に目にする「炎上」という言葉ですが、最近ではかなり目にする機会が増えてきました。

また、ブログが下火になってきた現在でもYoutubeやTwitterなどで使用され続けています。

決して良い意味の言葉ではないため、自分が「炎上」しないためにもしっかりと意味を覚えておきましょう。

炎上の意味とは

「炎上」とは「不祥事な出来事や、発言によって自分の所有するアカウントやホームページ等に非難が殺到し、対処しきれないこと」を意味します。

炎が勢いよく燃え上がるように手が付けられないという意味合いで「炎上」と名づけられました。

ブログなどで載せてはいけない写真や、モラルのない発言をした際に「炎上」する、というものは一昔前ではかなり目にしました。

最近でもYoutuberや芸能人が様々なことで炎上しているのを度々目にします。

もちろん炎上の種類は不倫、無作為の多浪費などなど様々ですが、これは有名人だけに限らず、誰にでも起こりうることです。

炎上を使った文章・使い方

炎上を使った文章の例文をご紹介します。

  1. この前SNSに挙げた写真のせいで炎上してしまった
  2. 不倫や浮気は炎上ネタの代名詞だ
  3. 炎上するのにはそれなりの理由がある

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ