「対策」とは?意味や使い方を解説

「対策」という言葉の意味について解説します。対策とはどういう意味なのか、例文や類語とあわせて理解していきましょう。また混同しやすい「対処」との違いをご紹介します。

目次

  1. 対策
  2. 対策の意味とは?
  3. 対策の類語
  4. 対策と対処の違い
  5. 対策の例文・使い方

対策

みなさんは普段「対策」という言葉を利用していますか?

  • 対策を講じる
  • 対策を立てる
など何か困っている状況や敵がいる場合などに対策という言葉が出てくるかと思います。この対策という言葉の意味を今回解説していきます。

対策の意味とは?

対策の意味は大きく分けて2つあります。

相手の出方・事件に応じて立てる処理の手段

対策の1つ目の意味は「相手の出方・事件に応じて立てる処理の手段」です。例えばサッカーの相手チームに対して立てる対策、税金対策などがこちらの意味となります。

みなさんが普段使っている対策の意味のほとんどはこちらの意味かと思います。

律令制下の官吏登用試験

 律令制下での官吏登用試験の事や、その答案についての意味となります。日常会話でこちらの意味で使うことはほとんどないと思います。

対策の類語

対策の類語は

  • 方略
  • 措置
などとなります。

対策と対処の違い

対策と対処の違いは「事が起きているかどうか」の違いとなります。
 

対処

事が起きてから、状況にあわせて行動すること

対策

事が起きる前に講じる策。(つまり予防策)

対策の例文・使い方

対策の例文については1つ目の意味の例文をご紹介します。

相手の出方・事件に応じて立てる処理の手段

  • 相手チームに対して対策を立てる
  • 対策を練る
  • 対策を講じる

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ