「妾」とは?意味や使い方を解説!

「妾」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「妾」について解説します。

目次

  1. 妾の意味とは
  2. 妾を使った文章・例文

」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「妾」という言葉には、読み方が複数あります。

「めかけ」、「しょう」、「わらわ」と読みます。

「わらわ」という表現は、時代劇や時代物のアニメなどで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

一方、「めかけ」や「しょう」は、耳にしたことはあっても深い意味までは知らないという方が多いかもしれません。

読み方によって意味が違うので、この機会に「妾」について詳しく知っていきましょう。

妾の意味とは

まず、妾(めかけ・しょう)の意味について解説します。

妾(めかけ・しょう)とは、「結婚している男性が妻以外に関係を持っている女性。愛人関係にある女性。」という意味になります。

関西や近畿地方では、「てかけ」と称します。

よく、妻から数えて二番目にあたる妾を「二号」といったり、三番目にあたる妾を「三号」と言うこともあります。

また、性別による立場が逆転している場合には、「男妾(おとこめかけ)」や「男妾(だんしょう)」と表現します。

さらに、配偶者の同意を得た上で養子縁組をした妾のことを「妾養子」とも言います。

続いて、「妾(わらわ)」の意味について解説します。

妾(わらわ)とは、「謙譲の意が含まれた女性の一人称。」という意味になります。

 

>

妾を使った文章・例文

  1. このご時世に妾がいることや自分が浮気をしていることを大っぴらに言う男性は珍しい。
  2. 昔は、単なる浮気相手や愛人ではなく、継続的に不倫関係にある女性と養子縁組をして妾養子にする男性もいた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ